オシロスコープの知りたいコトあれこれ

サンプリングレートの表記

サンプリングレートの表記

サンプリングレートの表記 1秒間に実行する標本化処理の回数のことを、サンプリングレートと呼びます。
標準的なサンプリングレートは44.1kHzですが、これは毎秒44,100回の標本化を行うなどの意味があり、この値が多ければ多いほど滑らかな音質になり音が良いと感じることができるようになります。
このサンプリングレートは、オシロスコープを評価する上で重要な仕様ではあるけれども、オシロスコープの多くはインタリーブ方式が組み込まれていて、2つ以上のチャネルのA/Dコンバータを連動させた際に4チャネルオシロスコープの1つもしくは2つのチャネルで最高のサンプリングレートが実現されることになります。

オシロスコープのカタログなどでは、このような最大限に高められたサンプリングレートのみが明記されていることが多く、標本化数が1つのチャンネルしか適用されていないことが明記されていないケースがあるようです。
4チャンネルタイプの製品を購入する際には単一チャネルだけでなく、複数のチャネルの中でフル帯域で使い事も考えて選ぶことが大切です。

電圧をはかる便利なオシロスコープについて

電圧をはかる便利なオシロスコープについて 人間は電気の発明や発展によって便利な生活を享受できるようになりました。
オール電化の家があるほど、電気なくして生活を送ることは不可能になっています。
しかし使い方を誤ったり、故障や漏電が起こると、火災や通電などの危険性もありに人間の生活にとって脅威になります。
そこで電気機器の開発や点検においては電圧測定は不可欠なものと言えます。
昔は電圧機で測定していましたが、最近はオシロスコープが台頭し、主に電気回路の確認や故障個所の確認などにも用いられるようになっています。
オシロスコープはブラウン管を用いて、電機の圧力を波形で可視化できるのが画期的です。
綺麗な波形を示さない電気回路であればすぐに故障を知ることができ、故障個所の特定にもなります。
研究所や企業の電気機器の開発などにおいてオシロスコープはなくてはならない存在になっています。
オシロスコープを購入するのは費用も高く、レンタルなどの貸し出しサービスなども見られます。

 

Copyright (c) 2020 オシロスコープの知りたいコトあれこれ. All rights reserved.