オシロスコープの知りたいコトあれこれ

オシロスコープについての情報が満載

アナログストレージオシロスコープの原理

アナログストレージオシロスコープの原理 オシロスコープにはアナログとデジタルの2種類がありますが、アナログの中には入力信号をA/Dコンバータを使ってデジタル変換を行い、デジタル変換をメモリに保管してブラウン管や液晶ディスプレイに波形を表示させることができるストレージオシロスコープがあります。
これは、ブラウン管を使っているものをアナログストレージオシロスコープ、液晶ディスプレイを使うものをデジタルストレージオシロスコープといった形で区分けされています。
両者の原理は入力データをメモリーに保存するまでは同じで、ブラウン管を使うか液晶ディスプレイを使うのかで呼び名および仕組みが異なります。
なお、アナログストレージオシロスコープの場合は、入力信号を増幅器で増幅させ、A/D変換器でデジタル信号に変換、波形を取り込むためのメモリーにデジタル信号を保存しますが、電子ビームはデジタル回路で構成されておりブラウン管に直接波形を表示させることができます。

デジタル・オシロスコープの原理

デジタル・オシロスコープの原理 デジタル・オシロスコープの原理は、観測信号をアナログの波形からデジタルの波形に変換して、半導体メモリに波形を半永久的に記憶することが出来るというものです。
半導体メモリの電気供給をする限りデータの保持が保証されます。
アナログのオシロスコープに比べて、高速の単発多減少観測が簡単に行えます。
また、データがデジタル化されるので、データ処理やプロッタなどの作画装置によるハードコピーも行いやすくなるでしょう。
オシロスコープはアナログ式では不可能とされていた、単発現象にトリガをかけて波形を止めたり、トリガ条件の前に起きた事を確認したりするといった使い方も可能です。
高速なADCなどの登場により、アナログ式のものよりも低価格で広帯域な信号測定や複雑な処理も行えるようなところもメリットとしてあげられます。
このようにデジタル・オシロスコープはアナログ・オシロスコープと比べても使いやすくメリットも多く存在しています。

 

Copyright (c) 2020 オシロスコープの知りたいコトあれこれ. All rights reserved.