オシロスコープの知りたいコトあれこれ

オシロスコープについての情報が満載

このサイトでは、ブラウン管型とアナログストレージ型とデジタル型とPC接続型のオシロスコープの原理を解説して、その後にこれを使って故障個所を特定する方法を解説します。
これを使ってどうやって故障している箇所を特定するのかということやこの装置が一体どういった仕組みでできているのかがわかるサイトですので、今までこのような事柄に悩んでいた方やこれにあまり触れたことのない初心者の方が、しっかりと理解して実践できるような内容となっています。

ブラウン管オシロスコープの原理

ブラウン管オシロスコープの原理 ブラウン管オシロスコープは文字通りブラウン管を使ったオシロスコープです。
これは、ブラウン管と垂直増幅器と水平増幅器と時間軸発生装置ともっと重要な電源で構成されています。
このオシロスコープの原理を具体的に説明すると、まずブラウン管の首の部分は電子銃になっていてそこから電子ビームが弾丸のようにスクリーンに向かって放たれます。
その電子ビームを2枚の偏光板の電圧を調節することによって進路を水平方向や垂直方向に曲げます。
そして曲げた電子ビームをスクリーンに衝突させて、互いに直交する2つの単振動を順序対として得られる点が描く平面図形を応用して波形を映し出します。
ブラウン管オシロスコープの原理からわかるように電圧を微調整しなければならないので電源が非常に重要な設備です。

従来式のオシロスコープのブラウン管オシロスコープの特徴について

従来式のオシロスコープのブラウン管オシロスコープの特徴について オシロスコープはブラウン管オシロスコープとデジタル方式のオシロスコープに分けることができます。
最近はデジタル式が主流になっていますが、中古品などで購入するときにはブラウン管タイプのものも少なくありません。
ブラウン管は従来のテレビに使われていたスクリーン、ブラウン管の首部分が電子銃の機能を持ち、加熱した陰極にはマイナスの電荷、陽極にはプラスの電荷が加わるように高電圧を印加すると電界が陰極から電子を放出して加速しながら陽極を通過してスクリーンに向かう仕組みを持ちます。
スクリーンには、電子ビームが当たったときに発光する蛍光体が焼き付けてあり、スクリーンに輝点を作り波形を見ることができます。
ちなみに、電源を入れた直後はスクリーンの中央に1つの輝点が見えるのですが、輝度を上げ過ぎた状態で放置していると焼けてしまうといわれており、電源を入れる前に輝度のノブを最小にするなどの使い方の基本があります。
ブラウン管オシロスコープの特徴は、文字通りブラウン管を使っている点になりますが、すべてがアナログ方式であり、オシロスコープで観測した波形を保存したいときには、ポラロイドカメラを使って撮影するなどが必要です。

もっとオシロスコープを知りたい

オシロスコープ

 

Copyright (c) 2020 オシロスコープの知りたいコトあれこれ. All rights reserved.